News

その他 2020.12.08

「抹茶の、再発見」がテーマの究極の抹茶体験プロジェクト「ALL FOR ONE」に
ヒルトン東京エグゼクティブ・ペストリーシェフ 播田修がスイーツで参画

ヒルトン東京 エグゼクティブ・ペストリーシェフ 播田修は、日本にわずか0.03%しかない希少な抹茶を使用し、各界のプロフェッショナル達が提案する究極の抹茶体験プロジェクト「ALL FOR ONE」に、オリジナルスイーツで参画します。 江戸初期より300年にわたって茶作りを続ける京都・宇治の山政小山園の「茶品評会」クラスの抹茶を使用して作る播田シェフオリジナルスイーツ「thé thé(テテ)」は2020年12月8日(火)の16時半より下記応援購入サービスMakuakeにてご購入いただけます。
https://www.makuake.com/project/all_for_one/

「ALL FOR ONE」について

「ALL FOR ONE」は、江戸初期より300年にわたって茶づくりを続けてきた山政小山園がその技術とともに、累代伝え貫いてきた「美味しさに最大の情熱を注ぐ」という信念から生まれたプロジェクト。宇治出身でToshi Yoroizukaオーナーシェフの鎧塚俊彦氏、ヒルトン東京 エグゼクティブ・ペストリーシェフ播田修がオリジナルスイーツ作りで参画しています。
ALL FOR ONEブランドサイト
https://www.afo-uji.com/
オフィシャルInstagram
https://www.instagram.com/allforone_matcha/

播田シェフオリジナルスイーツ「thé thé(テテ)」

脈々と受け継がれる伝統、最高級の茶葉を育む宇治の地をイメージ。地層のように幾重にも重なるスイーツの層は抹茶の風味を引き出しながらも食感と味の変化が楽しめるよう緻密に計算され、シェフ播田のオリジナリティが光ります。トップは味の変化を付けた抹茶のクリームを重ね、上空から見た茶畑をイメージしました。

ケーキは下の段からパリパリ食感の抹茶&ライスパフのプラリネフィアンティーヌ、小麦を使用しないビターな味わいの抹茶のスポンジ、フルール・ド・セルで抹茶の旨みを引き出した抹茶の生チョコレート、ミルキーな優しい味わいの抹茶のムース、滑らかなくちどけの抹茶のクリーム、濃厚な抹茶のホワイトチョコレートジュレで構成。
1つのケーキに上級抹茶約23gを用いた贅沢な抹茶スイーツです。

宿泊予約システム移行のお知らせ

2017年9月12日(火)より、宿泊予約オンラインシステムを変更させていただくこととなりました。つきましては、新システム移行に伴い、現在ご利用いただいておりますお客様には、大変ご不便とご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

詳しくはこちら

Page Top

sp